2021年01月13日

1月3日 説教要旨

あなたは慰められる

2020年1月3日 降誕節第2主日(エジプト逃避)
エレミヤ書第31章15-17節
マタイによる福音書第2章13-23節
牧師 木谷 誠

 与えられたマタイによる福音書のイエス・キリストの誕生物語はとても悲しい事件で締め括られます。東方の占星術師たちは、天使のお告げを受けて、ヘロデのもとには帰りませんでした。これを知ったヘロデは激怒し、ベツレヘム周辺の二歳以下の子どもを皆殺にしてしまいました。これがヘロデ王による幼児虐殺です。この物語を読むたびに私はとても悲しくやりきれない気持ちになります。イエス・キリストは世の罪人の身代わりとして命を捧げ、犠牲の子羊となられました。そのイエス・キリストの身代わりとなって犠牲になったベツレヘム周辺の子どもたちがいるのです。正直、「この物語がなかったら」と思ったことが何度もあります。マタイはこの物語を、それを読むものが心を痛めると知りつつ、書き残しました。その意味を確かめたいと思います。
 その意味の一つは、旧約聖書の預言の成就です。ヘロデの陰謀に代表される人間の欲望(権力欲)は膨張し、尊い命を奪い、大きな悲劇をもたらしてしまうということです。人間の罪の恐ろしさをこの物語は指摘しています。
 二つ目は、人間の企て、陰謀は、神の救いのご計画を止めることはできないと言うことです。ヘロデの陰謀は、イエス・キリストを殺害して、自分の権力を守ろうという計画でした。たくさんの兵隊、武器、大きな屋敷、ヘロデの権力は目に見えます。とても強大です。神の救いのご計画は目に見えません。目に見えるしるしは無力な生まれたばかりの赤ん坊と貧しいヨセフとマリアです。人の目から見たら、ヘロデの方が強く見えます。しかし、神の救いのご計画はヘロデの企てを超えて力強く働くのです。私たちは世の動きに惑わされないで、神の救いのご計画への信頼を新たにしましょう。
 しかし、割り切れない思いは残ります。なぜ罪もない子どもたちが死ななければならないのか、神はなぜそれを放置しておられるのか?この疑問は歴史の中で数多く起こって来ました。今も起こっています。なぜ、新型コロナウイルスが蔓延するのか?人間の奢り昂り、罪の結果?確かにそう言う部分もあるでしょう。でもそのためにこれほど多くの人たちが犠牲にならなければならないのか?これはヘロデの野望のため、罪のない子供たちがなぜ殺されなければならなかったのかと言う問いと本質は同じです。この問いは歴史の中で何度も繰り返されて来た歴史の謎、不条理です。
 残念ながらこの問いへの答えは出せません。人生には、歴史には、人間に答えの出せない問いが存在することを私たちは認めなければなりません。それに答えを出せると思うことは人間の思い上がりです。しかし、希望はあります。人間が希望を見出せないところでも神は希望をもたらしてくださいます。その鍵はエレミヤ書第31章16-17節の言葉です。我が子を失った母、最も痛ましい姿です。神はその母に対して、泣き止みなさい、涙を拭なさい、あなたの苦しみは報いられる、あなたの未来には希望があると告げます。人生の不条理に私たちは打ちのめされます。無力です。しかし、これで終わりではありません。希望があります。その希望として、イエス・キリストがエジプトから帰って来ます。そして神の愛を伝え、十字架にかかり、復活されます。そして私たちの罪をゆるし、神との永遠の愛の交わりを実現されます。世の終わりに再び来られ、死者は復活し、新しい命をいただいて、主の前に永遠に共にいることができます。その時には、かつてヘロデによって命を奪われた幼子たちも新しい命をいただいて、母たちと再び会うことでしょう。その時に、母たちの苦しみは報いられます。歴史には、説明のつけられない悲しみが存在します。不条理です。罪の結果と言うには痛ましすぎて、希望を見出すことができません。しかし、そこに神は希望をもたらしてくださいます。それだけではありません。神はそのような不条理に打ちのめされる者に寄り添い、悲しみを共にする者としてイエス・キリストをこの世に送られたのです。なぜこんなことが起こるのか?その問いの前に立ち尽くし、呆然とする者に寄り添い、苦しみと悲しみを共にする神としてイエス・キリストは来てくださいました。インマヌエル、我々と共にいてくださる神は、イエス・キリストの姿で来られました。そして今度こそかつて自分の身代わりになった幼子たちを含め、全ての人たちに永遠の命をもたらすための十字架にかかるためにイエス・キリストは来られたのです。イエス・キリストご自身の身代わりになった幼子たちに永遠の命をもたらすために、全ての不条理に打ちのめされる者たちに慰めと希望をもたらすために、「あなたは慰められる」とのメッセージを携えて、イエス・キリストは来られました。そしてもう一度、世の終わりにイエス・キリストは来られます。その時には、全ての不条理の問いは、圧倒的な喜びの前に消えてしまいます。マタイが、美しいクリスマス物語の最後を、なんとも後味の悪い、切ない物語で締めくくる意味はそこにあるのではないでしょうか。そしてこの物語があるからこそ、私たちは新しい年にも慰めと希望を期待して歩んでいくことができるのです。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

12月27日 説教要旨

誰がためにその喜びはあるか

2020年12月27日 降誕節第1主日(東方の学者たち)
マタイによる福音書 第2章1-12節
伝道師 𠮷川庸介

 救い主の存在を真っ先に知らされるのは、当然その存在を信じている者だろうと考えることでしょう。ところが、救い主であるイエスの誕生をまず知らされた占星術の学者達は、救い主がやってくることを知らない異邦人でありました。しかし彼らは、その知らせを喜び、生まれたイエスのところへと贈り物を持っていこうとします。そんな彼らの次に、喜ばしい知らせについて伝えられたのは、救い主の存在を知っており、また信じていたヘロデ王とエルサレムの人々でした。しかし、彼らは喜びではなく不安を抱き、ヘロデ王などは、殺害を試みております。なぜ喜びと不安を抱く立場が、実際にはその逆となっているのかと考えていますと、ふと大学時代の論議を思い出しました。
 まだ、私が大学に入学したての頃であったと思います。私は、世界に終わりがやってくる日に、キリストを信じない者は救われないのかという質問を投げかけたことがあります。その質問への答えは、それは、カルト的な考え方に過ぎない、神は全てを愛してくださっている、というものでした。しかし私は、ヨハネ福音書には「独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るため」とあるが、「全て」は信じる人だけであるのか、選別された状態の人間がいるように思え、胸につっかえを覚えたのです。
 これに併せて、現代の私たちのことを考えてみたいと思います。私たちは救い主の存在を信じ、いつの日かやって来る最後の日に神の国へと行くことができると口では信じていると言います。しかし、もしその最後の日が現実として間近に迫った時、それは私たちが今、営んでいる生活、これまで積み重ねてきた努力や人間関係、それら全て捨てることとなったとしても喜びと共に受け入れることができるのでありましょうか。どこかで、現状や積み上げてきたものについて惜しいと思う気持ちが、救い主を待ち望む純粋な思いの中に、影を落とすことはないでしょうか。また、救い主の誕生を心から喜べず、恐れさえを抱いた人は、最後の最後に反旗を翻すような者であったことでしょう。その時思ったのであります。実際に、待ち望むと言うことは簡単であるが、その本心は偽りであり、自分はヘロデ王であり、エルサレムの人々に過ぎないと思たのです。
 そう考えた時に、占星術の学者はまったく違う世界で生きており、その世界の中で完結し、彼らなりの信じるものがあったはずです。つまり、元々は占星術の学者は、救い主を知る機会など一切なかったということに再度気がつきました。そのような元々は何も知らなかった人々に対して、真っ先に伝えられたことは、救いとは誰に対してでも当然与えられるものであるということ、そして誰一人として救いの手のひらからこぼれ落ちないようにと神が人を愛そうとする覚悟があらわれているのではないかと思ったのです。
 考えてみれば私たちは誰しもが救い主の存在など知らない、占星術の学者達のようなものでした。しかしある時、救い主の存在を確かに信じ、喜ぶことを知ったのです。いったい誰のために、イエスはこの世に来られたのか、それは限られた人のためではなく、信じる者、信じない者に限らず全ての者にその手を差し伸べるためでありました。その事実があることを思い祈りつつ、神の愛を確認していきたいと思うのであります。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

12月20日 説教要旨

恵みに感謝して応える

2020年12月20日 待降節第4主日・クリスマス礼拝
テトスへの手紙 第2章11-15節
牧師 木谷 誠

クリスマスおめでとうございます。新型コロナウイルスの影響で世界全体が揺り動かされています。本当にクリスマス礼拝をみんなで揃ってできるのか?とても心配でした。なんとかクリスマスを迎えることができてとても嬉しいです。聖書の言葉を通して、クリスマスの喜びを分かち合いましょう。
 「すべての人々に救いをもたらす神の恵み」とは何でしょうか?それはイエス・キリストがこの世界に来てくださったことです。神は、ご自身の愛を、この世界に、私たちに伝えるためにイエス・キリストをお与えになりました。高い天から見守るだけの愛ではなく、地上に降りてきて、人々と共に生きるためでした。神の国について教え、苦しむ人々に寄り添い、寂しい人の友となり、病気に苦しむ人をいやすためにイエス・キリストは来られました。そして罪深いわたしたち人間が神様にゆるしていただくために、イエス・キリストは罪の償いとしてご自分の命を捧げました。それにより、私たち人間は、罪をゆるしていただき、神様の愛する子どもとしていただくことができたのです。神の愛は、言葉だけではなく、行いを伴います。具体的で行動的な神の愛がイエス・キリストの生涯に示されています。これが救いの恵みです。そしてこの恵みはすべての人に与えられます。分け隔てはありません。この恵みをご一緒に確かめ、喜び、感謝しましょう。
 そして、わたしたちはこの恵みに応えていくことが求められています。人間は、もともと神様の愛と恵みに応えて生きる者として造られているからです。ちょっと難しい言葉ですが、これを「応答可能存在」と呼んだりします。私たちの身の周りには様々な誘惑があります。お金、名誉、地位、様々な物、快楽、神様を忘れてしまいそうな誘惑がいっぱいです。どうしたら誘惑に引っ張られないで、神様に喜ばれる歩みに止まることができるでしょうか?
 おかしなことを言います。誘惑に勝とうとするよりも、誘惑から逃れることです。主の祈りには、「われらを試みにあわせず、悪より救い出したまえ」とあります。またコリンとの信徒への手紙第一第10章13節には「あなたがたを襲った試練で、世の常でないものはありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えてくださいます。 」とあります。誘惑は打ち勝つものでなく、会わないようにするもの、逃れるものであると聖書は言っています。それくらい誘惑はとても恐ろしいものなのです。
 そして誘惑から逃れるためには、一番素晴らしいものをしっかりと繰り返し確かめることです。それはイエス・キリストによって実現した「救いをもたらす神の恵み」です。イエス・キリストによって実現した「救いをもたらす神の恵み」にまさるものはありません。私たちは時々、一番大切なことを忘れて、そんなに大切でないことに心を奪われてしまいます。そして大きな過ちを犯してしまいます。クリスマスの大きな喜びをご一緒に確かめることが、様々な誘惑から離れる最も良い方法です。そしてこの大きな恵みに応えて、神様に喜ばれることを常に求めて生きることこそ、クリスマスに示された神様の恵みに対する正しい応答、「応え」なのです。神様の恵みを常に確かめ、感謝して、応える。クリスマスにこのことをまず確かめたいと思います。そしてイエス・キリストは再びこの世界に来てくださいます。救いを完成してくださいます。この世界が、どんなに揺れ動いても、この約束は変わりません。この約束を信じて、希望を持って歩んでいきましょう。クリスマス、おめでとうございます。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

12月13日 説教要旨

恵みに感謝して応える

2020年12月13日 待降節第4主日・告知
マタイによる福音書 第1章18-25節
牧師 木谷 誠

 ヨセフはイエスの父です。イエスの母マリアはとても有名です。ヨセフはあまり目立ちません。私は、子どもの頃、教会学校のクリスマスページェントでヨセフの役をしました。だから、ヨセフが大好きです。しかし、教会のクリスマスでは、むかしからヨセフが目立たないことが不満でした。「本当はヨセフもマリアと同じくらい偉いのに、どうして目立たないの?」と思っていました。
 ヨセフは、マリアが聖霊によって妊娠したと聞いて、とても驚き、戸惑いました。これから結婚する女性が、妊娠したなんて大変ショックなことです。「聖霊によって」と言われても、とても信じられません。ヨセフは、正しい人でした。そしてマリアを愛していました。このままだったら、マリアの妊娠がみんなに知られてしまいます。そうするとマリアは、死刑になるかもしれません。ヨセフは、愛するマリアを救うため、そして自分の名誉を守るために、マリアと密かに別れようとしました。
 しかし、夢に天使が現れました。そして「マリアの産む子は、救い主となるのだから、マリアと結婚しなさい」と言いました。ヨセフはますます戸惑ったと思います。「そんなこと言われても、やっぱり無理。」それが普通です。しかし、ヨセフは天使の言葉に従いました。天使の言葉を信じたのです。「信じる」ことは、とても単純ですが、とても難しいことです。信じるためには、勇気や忍耐が必要です。なぜならこのままヨセフがマリアと結婚したら、ヨセフは、世間からなんと言われるかわかりません。ひどい目に遭うかもしれません。それでも結婚するのには、勇気が必要です。酷い目に合うかもしれませんから、忍耐が必要です。「変な夢だったなあ」と簡単に考えて、忘れてしまったら良いことです。しかし、ヨセフは信じました。なぜ、ヨセフは信じたのでしょうか?ヨセフが偉かったから?そうでしょう。でも、それだけでしょうか?私は違うと思います。もっと大切な理由があります。そしてそれをしっかりとつかむことで、私たちもヨセフのように信じることができるようになることができます。
 ヨセフが信じることができた第一の理由は、天使の言葉が、力強くヨセフの心に迫ってきたからだと思います。「この子は自分の民を罪から救う」、この子によって、神が我々とともにいてくださる、この知らせがヨセフの心に力強く迫ってきたからです。この時、聖霊(神様の目に見えない力)がヨセフの心に働いたからです。ヨセフが偉かったから?もちろんそうでしょう。それ以上に、天使を通して、神様が力強くヨセフに語りかけたから、それが一番の理由です。
 それでも、信じない人もいます。そんな人も聖書には出てきます。ヨセフが信じたのはなぜか?ヨセフが信じることができた第二の理由は、ヨセフがすぐに否定しないで、ゆっくりと深く天使の言葉を考えたからではないでしょうか?マリアも心に留めて思い巡らす人でした。すぐに否定しないで、一度受け止めてゆっくりと考えてみる。その中で、神様の言葉がもっと強く心に迫ってきます。そして信じることができるようになるのです。そのためには祈りも必要です。ヨセフも一生懸命祈ったのではないでしょうか。
 今、コロナ危機の中で、信じることがとても難しくなっています。不安がいっぱいです。コロナも怖いけれど、人を信じることができなくなることは、もっともっと怖いことです。そんな今、このヨセフのように「信じる」ということは、とても大切なことです。ヨセフのような信仰、勇気、忍耐は、コロナ禍の今でこそとても大切なのです。大きな不安と戸惑いの中で、私たちもヨセフのように神様の愛と導きを信じ、勇気と忍耐を持って、生きていきたいものです。私たちもできます。そのヒントがこのヨセフの物語にはあります。
 神様は、聖書の言葉を通して、今も私たちに語りかけています。私たちも、ヨセフのように勇気と忍耐をもって、信じる人になることができます。そのために、神様の力強い言葉をいただきましょう。聖霊をいただきましょう。神の言葉をゆっくりと心に留めて思い巡らせ、祈りましょう。その中で、ヨセフのような信仰、勇気、忍耐を神様は私たちにも与えてくださいます。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

12月6日 説教要旨

先駆けとなる者たち

2020年12月6日 待降節第2主日・アドヴェント
ローマの信徒への手紙第16章25-27節
マタイによる福音書 第11章2-15節
牧師 木谷 誠

先週よりアドヴェント礼拝になりました。アドヴェントの礼拝のテーマは、キリストの再臨 旧約の神の言葉 先駆者 告知 そしてクリスマス(キリストの誕生)となります。今週は「旧約の神の言葉」、「先駆者」を一つにしてお伝えします。
 ローマの信徒への手紙では、私たちを本当に強めてくれるものは何かを教えています。それはイエス・キリストの福音です。イエス・キリストがこの世界に来て、神様の愛を私たちに与えてくださいました。そして十字架にかかり、ご自分の命を捧げ、私たちの罪を、私たちに代わって償ってくださいました。それにより、私たちは罪をゆるしていただきました。そして、神様の愛をいただいて生きることができるようになりました。この福音が与える神様との愛の交わりが私たちを本当に強くしてくれます。人は本来神様との交わりの中で生きた者となるからです。その福音は旧約の預言者を通して、すなわち旧約聖書の言葉を通して伝えられるのです。
 そしてその「宣教」、すなわちこの福音を、誰かに伝えることによって、私たちはさらに強められます。福音を信じた人は、それを誰かに伝えることで、福音をより深く味わうことができます。更に私たちが福音を誰かに伝えることを神様は喜んでくださいます。そして私たちを祝福してくださいます。だから私たちは福音を伝えること、宣教することによってもっと強められるのです。
 マタイによる福音書では、洗礼者ヨハネは最後の預言者として描かれています。預言者は、神の言葉を預かって伝える人です。洗礼者ヨハネは、預言者として力強く語りました。しかし、ヘロデ王はヨハネを牢屋に入れました。ヨハネが伝える神の言葉は、ヘロデ王には都合が悪かったのです。捕われたヨハネはイエス・キリストに使いを送り、「来るべき救い主はあなたなのですか?」と尋ねました。イエスはこの問いに対して、「5 目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。」と答えました。
 みなさん、この意味わかりますか?私は全然わかりませんでした。実はこのイエスの言葉は、旧約聖書のイザヤ書26章19節、61章1節の言葉です。ヨハネの問いに対して、イエスは「旧約聖書の預言者イザヤが語ったことが今実現しています」と答えたのです。洗礼者ヨハネにはそれで十分でした。イエスの答えの意味が私はわかりませんでした。でもよくわからないイエスの答えは実はベストアンサーだったのです。預言者たちの言葉、旧約の神の言葉がイエス・キリストによって実現したことが明らかになりました。最初にお読みいただいたローマの信徒への手紙16章の「26 その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰による従順に導くため、すべての異邦人に知られるようになりました。」の中の、預言者たちの書物を通してというところはこうして実現たのです。
 続いてイエスは人々が洗礼者ヨハネとの出会いを大切にしなかったことを責めました。洗礼者ヨハネは偉大な預言者だったのに、ヘロデも、あなた方もヨハネのメッセージを受け入れなかった。ヨハネとの大切な出会いを無駄にしてしまったと言うのです。それは旧約聖書の時代にイスラエルの人々が預言者たちの言葉を受け入れなかったことと同じです。尊い神の言葉を受け止めないで、神に背いてしまった愚かな歴史が何度も繰り返されました。
 ヨハネとの出会いを無駄にしないために、私たちは今、改めてヨハネの告げるメッセージを聞きましょう。洗礼者ヨハネの伝えたメッセージは悔い改めです。イエス・キリストの準備をする者、先駆者としての洗礼者ヨハネは悔い改めを伝えました。この洗礼者ヨハネの悔い改めの勧めに従いましょう。神様の前で自分を振り返り、反省しましょう。そして神様に喜ばれる生き方を始めましょう。この悔い改めこそ、イエス・キリストを心にお迎えする最も良い備えとなります。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする