2020年08月09日

8月2日 説教要旨

義と平和と喜び

2020年8月2日
聖霊降臨節第10主日・平和聖日(命の糧)
ローマ信徒への手紙第14章13-23節
牧師 木谷 誠

 本日は、日本キリスト教団の定める平和聖日です。八月、私たちはどうしても平和のこと、戦争のことを考えてしまいます。今から75年前、私たちの国はあの悲惨な戦争に敗れました。敵も味方も大きく傷つきました。私たちの今治市では4月26日、5月8日、8月5-6日の三回の空襲で死者551名以上、重傷者184名以上、旧今治市内ではほとんどの家屋が全焼しました。私たちの今治教会の礼拝堂も8月6日の空襲で消失しました。焼け野原となった今治市から広島に落とされた原爆のキノコ雲が見えたとのお話も聞きました。このような悲劇を二度と繰り返してはならない。その誓いを持って私たちの国は再出発しました。以来75年、様々な問題はあるものの、私たちの国は一応平和を保っています。少なくとも空襲の心配はないですし、子どもたちが逃げ惑う心配もしなくて済んでいます。これは本当にありがたいことです。決して当たり前と思わないで、感謝して、この平和を守っていかなければなりません。そのためには一体どうしたら良いのか。聖書の言葉にご一緒に聴きましょう。
本日のローマの信徒への手紙は食べ物をめぐって教会内に深刻な対立があったことが記されています。その問題の根本には、自分の習慣、考えと相容れない者を排除しようとする人間の罪の現実があります。それは平和の問題ともつながります。そのような現実に対して、パウロは、自分の考えと合わない人、対立する人をも、神は愛し、そのためにイエス・キリストが命を捧げられたことを告げます。自分と対立している人を憎み、排除しようとするならば、それは決して神の喜ばれることではない。むしろ互いに愛し合う努力をしなければならない。それこそ神の喜ばれることであるとパウロは教えます。その上でパウロは以下のように語ります。
17 神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。
 「義」とは「正しい関係」です。それは神様がイエス・キリストの十字架の贖いによって、私たちの罪を赦し、神の子としての永遠の愛の交わりのうちに入れてくださったこと、そのような本来あるべき正しい関係に入れてくださったことです。「平和」とは、「義」によってもたらされる神との平和です。もはや神を恐れなくても良い。神はその怒りを治められ、深い愛の中に招きれてくださるという平安です。そして「喜び」は、「義」と「平和」をいただくことができたことへの、私たちの反応です。このようにして罪をゆるされて、神との愛の交わりに入れられ、もはや神の怒りを恐れずに歩んでいけること、これは大きな喜びです。そしてそれらは聖霊によって与えられます。「聖霊」とは「神の目に見えない働き、または力」です。神の目に見えない力が、私たちのうちに生き生きと働いて、私たちに「魏と平和と慶」をもたらすのです。そして「義と平和と喜び」をいただく時、私たちは、周りの人々を心から愛し、大切にして、共に歩んでいくことができるようになります。このような「義と平和と喜び」に聖霊によって満たされる時、私たちは、微笑みを持って人と出会い、心から愛の心で人に仕えることができるようになるでしょう。そしてお互いの向上に役立つことを求めるようになるでしょう。そのような歩みの中で、私たちは、この平和を守り、この平和を育てることができます。そのためにも、聖霊を求めましょう。聖霊を求めるためには、聖書を読み、祈りことが必要です。そのような営みを繰り返す中で、聖霊が豊かに働き、私たちを「義と平和と喜び」に満ちた「神の国」へと導いてくださいます。そして私たちは、互いに微笑みと愛を持って、平和を作り出していくことができるのです。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

7月26日 説教要旨

名を呼ぶ神

2020年7月26日 聖霊降臨節第9主日・(破局からの救い)
イザヤ書 第43章1−7節
牧師 木谷 誠

 学生の頃、先輩の下宿によく遊びに行きました。とても博学な方でした。残念なことに私がこの今治教会に赴任して間もなく、若くして召されていかれました。
 その先輩が創世記22章1節(神がアブラハムよ」と呼びかけ、彼が「はい」と答えると)を引用して「旧約聖書の要点はここにつきます」と教えてくださいました。その時にはわかりませんでしたが、長い年月、繰り返し、その先輩の言葉を思い出しながら、示されたことは、旧約聖書は、呼びかける神とそれに応える人間の歴史であるということなのだと思い至りました。すなわち旧約聖書(新約聖書も)の神は呼びかける神、名を呼ぶ神ということができます。人が見つけて、呼びかけた神ではなく、人の呼びかけに先んじて、人を見つけて、呼びかける神が、旧約聖書が伝える神であると合点がいきました。まさしく本日のイザヤ書もそれを伝えています。神は、イスラエルの名を呼ぶ神、呼びかける神なのです。さらにこの神は遠くから呼びかけるだけではなく、イスラエルと共にいてくださる神です。イスラエルの苦難の旅路に寄り添ってくださり、導きと助けを下さる神です。そのような意味において、この神は救いの神ということができます。かつてイスラエルをエジプトの奴隷の苦しみから救い、今はイスラエルを、ペルシャを用いて、バビロンでの奴隷の苦しみから救い出そうとされます。この神は、歴史の中で、イスラエルの名を呼び、寄り添い、具体的に働いて、イスラエルを救い出す神です。この神の行動は「贖う(あがなう)」という言葉でもって表現されています。これは「代価を払って買い戻す。代価を払って解放する」という意味の言葉です。ここでは、代価を払って、イスラエルをバビロンの奴隷の苦しみから救い出すという神の約束を表しています。その代価がエジプトとクシュとセバだというのです。この三つの国はいずれもとても豊かな国です。それに比べてイスラエルは小さな弱い国です。神はイスラエルを愛されました。そのゆえにイスラエルを尊いもの(値高い)ものとされたのです。小さな弱いイスラエル、惨めな奴隷の群れを、豊かなエジプトやクシュやセバよりも尊いとしてくださいました。どうしてそんな不合理な非効率的なことをなさるのでしょうか?理由はありません。ただ愛したから、それだけです。愛には理由がないのです。愛は不合理です。
このイスラエル に注がれた神の愛は、今日私たちにも注がれています。神は御子イエス・キリストの命を「身代金」として捧げ、私たちを罪の奴隷から解放してくださいました。そこには、いと小さき者をただ愛される神の恵みが示されています。これほどまでに大きな神の愛にどのようにお応えしたら良いのでしょうか?この神の恵みに見合う「お返し」などとてもできません。でも、これほどまでに大きな恵みをいただいた喜びに満たされる時、この神の恵みに応え、神に喜ばれる歩みをなしていきたいと願わずにはいられません。
それは一体どういうことでしょうか?

レビ記/ 19章 34節
あなたたちのもとに寄留する者をあなたたちのうちの土地に生まれた者同様に扱い、自分自身のように愛しなさい。なぜなら、あなたたちもエジプトの国においては寄留者であったからである。わたしはあなたたちの神、主である。

 寄留者とは外国から移住してきた人です。その国にもともといる人には当たりあえのように与えられている権利を持たない弱い立場の人々のことです。ここでの寄留者は、文字通りの意味ばかりでなく、その社会にあって弱い立場の人々と理解したら良いと思います。
神の愛の眼差しに倣って、今、弱い立場にいる人、苦しみを負うている人に寄り添い、自分のなすべきことをなして、愛の業にことだと思います。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする