2021年04月08日

3月28日 説教要旨

十字架の言葉

2021年3月28日 受難節第6主日・棕櫚の主日 (十字架への道)
コリントの信徒への手紙一 第1章18-25節
牧師 木谷 誠

 本日は、棕櫚の主日です。今日から受難週が始まりました。来週には、復活日・イースターを迎えます。
 さて、本日の聖書に出てくる「十字架の言葉」という言葉は、とても印象的な言葉です。ちょっと意外に思われる方もおられるかも知れませんが、この言葉は、実は聖書の中でここにしか出てきません。この言葉は、どういう意味なのでしょうか?「十字架の言葉」とは、イエス・キリストの十字架の出来事とそのメッセージです。メッセージの内容は何なのでしょうか?それはこうです。尊い神のひとり子、イエス・キリストが、私たち罪人の救いを実現するために、最も惨めな十字架刑で死なれた。これが「十字架の言葉」に示されたイエス・キリストの出来事とそのメッセージです。この「十字架の言葉」は、ユダヤ人にとっては受け入れがたい「つまづき」でした。なぜならユダヤ人が長年にわたって待ち望んでいた「メシア(キリスト)」、すなわちユダヤの独立を回復する政治的、軍事的指導者のイメージとかけ離れているからです。また、この「十字架の言葉」は、ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどによって優れた哲学を生み出したギリシア人からすると全く不合理なメッセージ、すなわち「愚かな」ことでした。しかし、今日の聖書は、この十字架の言葉に神の力、神の知恵があるというのです。ユダヤ人が期待する政治的、軍事的指導者としての栄光とは真逆の惨めな十字架の姿です。ギリシア人が愛する美しく合理的な知恵の体系とは全く合わない愚かで不合理なメッセージです。どうしてそこに神の力と知恵が示されたのでしょうか?ここで考えなければならないことがあります。それは愛は不合理だということです。正しい者を愛し、悪い者を憎む。これは合理的です。しかし、それで誰が救われるのでしょうか?全知全能の神を前にして、誰が自分の正しさを誇ることができるのでしょうか?神は、私たちを愛する故に、あえて不合理で愚かな十字架の姿によって、その愛を示されました。私たち人間でも、愛する我が子であれば、愛する友であれば、愚かであっても、裏切られても、なお信じて、愛そうとします。そのような親や友の愛によって、私たちは何度もゆるされて、今の人生を生きている(生かされている)のです。限界ある人間の愛ですらそうです。ましてや、完全な愛を持っておられる父なる神は尚更です。神の愛は、罪深い者の罪をゆるし、神の子としての永遠の祝福へと招きます。それが「十字架の言葉」なのです。この神の力と知恵を人間は理解できませんでした。人間は、全てを知ることはできません。この十字架の言葉を与えてくださった神の前で、自らの傲慢を戒め、へりくだることが求められています。そしてそのような低い姿勢こそ神の知恵と力を受け入れる最もよい身支度です。
 人間の知恵では到達できない「十字架の言葉」に神の力と知恵が示されています。この「十字架の言葉」を信じることによって、私たちは神の力、神の知恵をいただくことできるのです。「十字架の言葉」を信じることによって、私たちは罪の赦しと神の子としての永遠の祝福をいただくことができるのです。
 受難週の始まりのこの日、私たちはこの「十字架の言葉」に耳を傾けてイースターまでの歩みをなして参りたいと思います。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする