2021年12月27日

12月19日 説教要旨

見よ、神は確かに顧みられる

2021年12月19日 待降節第4主日(告知)
サムエル記上 第2章1-10節
伝道師 𠮷川 庸介

 神に感謝を捧げるということは、どのような言葉を紡がれて表現されるものなのでしょうか。紡ぐ言葉、表現もそれぞれ違うため一概には言えないとは思いますが、やはりその根幹には、神に感謝というもの決して揺るぎのない確固としたものがあるに違いありません。ハンナの祈りは、そのことを教えてくれるのです。
 ハンナは子どもが長らくできなかったことから非常に肩身の狭いところに身を置いていたようです。当時、子どもを産んで育てるということが、共同体の中で地位を獲得するという価値観が強烈なまでにありました。既に夫のそば目として子供を産み育てていたぺニナは、すでに自分が社会的な評価を得ているということを自覚していたからか、正妻であったハンナを嘲笑し、軽んじるかのような態度をとっていたようです。だからこそ、子供ができたあと、ハンナは主に対してこのような小さな小さな、あなたに仕える一人の女性を顧みてくださったのだと、神への賛美の歌を、紡いだのでありました。
 ところで、このハンナの祈りと、実によく似た賛美の歌としてあげられる一つが、イエスを身ごもったマリアの祈りです。マリアは、賛歌の中で自分のことを取るに足りないはしためと呼び、賛歌の中で権力のある者が衰退し、身分の低い者を高く上げることが詠まれています。一方のハンナの賛歌では、食べ飽きるほどに物を持つ者は、食料を探し求めるところまで低くさせられ、飢える者は二度と飢えることがなく、弱いものを塵の中から立ち上がらせるとあります。こういった共通点からは、権力を持つ者のために手を差し伸べるのではなく、打ち捨てられ、取るに足りないと言われんばかりの人達にこそ、その手を差し伸べるという事実を、言葉をつくし伝えられているように思います。
 こうして見ていくと、ハンナとマリアの祈りとは、その根幹はやはり神への感謝がありますけれども、その感謝を向ける神とはどのような方でしょうか。賛美の歌にありますよう、主は貧しくも、富ませもする恐ろしい方なのでしょうか。あるいは、権力者を墜落させ、下に、下にといる人たちを上へと引き上げることをしてくださるから賛美の歌を歌うのでしょうか。そうではなく、このような私を目にかけてくださり、顧みてくださるからこそ私たちは神を賛美するのだ、と言う確固たるメッセージを私たちは見出すのです。また、彼女達を顧みたと言うその事実は、誰で在っても分け隔てなく、耐え難いほどの状況下に置かれている人に喜びの恵みが与えられることもまた、教えてくださるのです。
 アドベントクランツに4本目の蝋燭が灯り、主を迎える準備の期間を私たちは終えました。主が確かに私たちを顧みてくださったことに想いを馳せ、喜びのクリスマスを迎えましょう。
posted by 日本キリスト教団今治教会 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする