3月31日 イースターおめでとうございます。

こんにちは。お元気ですか? 桜の花が、咲きました。とってもきれいです。春の嬉しさをますます感じます。 皆さんもひとつずつ大きくなる嬉しい春です。  今週の礼拝は、イースター礼拝でした。木谷牧師が、お話をしてくださいました。  そして分級は、もちろん、「たまご探し」をしました。 先生達が、一生懸命隠しましたが、お友達は、あっという間に見つけてしまいました。 その後、家族と一緒に…

続きを読む

2024年2月18日 受難節第1主日礼拝(荒れ野の誘惑)<仕える道>    牧師 木谷 誠

マタイによる福音書 第4章1-11節 教会の暦では、先週の水曜日は「灰の水曜日」と呼ばれ、この日から受難節が始まりました。そして本日より受難節の礼拝となりました。受難節は、復活日(今年は3月31日)の前の日曜日を除く四十日間の期間です。主イエス・キリストの十字架の苦難と死を覚え、悔い改めしつつ、復活の喜びの祝いに備える期間です。 さて、受難節の最初の日曜日、聖書朗読箇所は、毎年イエスの荒野の…

続きを読む

2024年2月11日降誕節 第7主日礼拝 (奇跡を行うキリスト) 説教  <信じ、捧げ、分かち合う> 牧師 木谷  誠

本日の聖書は「五千人の供食」呼ばれ、マタイ、マルコ、ルカを含めて四つの福音書全てに記されています。イエスが、わずかなもの(二匹の魚と五つのパン)を用いて多くの人を養われた奇跡物語の代表的な出来事です。 ただ、マタイ、マルコ、ルカと異なり、ヨハネ福音書だけにある特徴があります。それは子どもが登場していることです。二匹の魚と五つもパンを捧げたのはこの少年、すなわち子どもであるということが明記されて…

続きを読む

2024年2月4日降誕節 第6主日礼拝

説教 <起き上がりなさい。歩きなさい。>    牧師 木谷  誠 ヨハネによる福音書 第5章1-18節 高校生の頃、私の母教会では、ヨハネによる福音書連続講解説教をやっていました。連続講解説教とは、例えばヨハネ福音書講解説教というなら、最初から順番に礼拝で朗読し、説教していくというスタイルです。ちょうど今日の聖書を取り上げる礼拝の時、なんともやりきれない気持ちになったことをよく覚えています。…

続きを読む

2024年1月7日降誕節第2主日礼拝(イエスの洗礼)<見た、そして証しした!> 牧師 木谷 誠

ヨハネによる福音書第1章29-34節 主の年、2024年初めての日曜日を迎えました。今年も皆様とご一緒に日曜日の礼拝を大切にして参りましょう。聖日礼拝を大切に守ることは、私たちの信仰生活の出発点です。そこに私たちの力の源があります。そのようにして私たちが日曜日に礼拝堂に集まって礼拝を守ることにはどういう意味があるのでしょうか? 洗礼者ヨハネは、イエス・キリストが来られた時に「見よ、世の罪を…

続きを読む